The Association

 
生産組合

ヒオスマスティハ生産者組合は1万平方メートルの地表被覆の農地を所有し、事業全体の活動を運営しています。これらには次の2個の生産ユニットが含まれます。

  • マスティハの洗浄及び梱包
  • ELMA製品及びマスティハオイル蒸留製品の調製

本協同組合のインフラストラクチャー(建物、製造機械、及び機器)は本島で最大の金融機関であると認識されています。

ヒオスマスティハ生産者組合は、消費に向けてその市場に出荷されるべき、製品が適切な処理を施される場所であるその洗練された施設内にマスティハを貯蔵しています。マスティハの強制的な収集及び独占管理の他に、ヒオスマスティハ生産者組合は本島の経済に重要な役割を占め、生産者とその生産を保護しています。

ヒオスマスティハ生産者組合はヒオス島の主要な金融機関の1つであり、本島の経済に顕著に寄与しています。本生産者組合はは、マスティハ生産者たちの利益に従うのみではなく、更に、マスティハの木の再移植(anakinosisi)、マスティハの木(skinos)の森林への統合、及び消防車や消火栓などの防火用機材などの更にそのさまざまな活動を通したメンバーの集落に対する多角的な支援により、1つの社会的な役割を果たしています。