Timeless

  • カクテル
    「ウォッカの蒸留業者は様々な材料により それぞれの製品に風味付けを実施していました。 高貴なサロンの常連客たち専用であった、 そのバージョンの1つが マスティハで風味付けしたウォッカでした。」
    *有名なカクテル、マルガリータ及びモヒートは マスティハとの相性が最高です。
    歴史的考証: 17世紀 – ロシア
  • 皮膚治療
    「彼は傷を治療するための軟膏の1つとして、 効果的なバルサム「エルサレムバルサム」を作成した。」
    *現在、これらはマスティハ入り絆創膏として存在し、 その抗炎症性効果により皮膚感染をリスクを低下させています。
    歴史的考証: 16世紀 – Antonio Menzani di Cuna - イタリア
  • 胃腸障害
    「マスティハの止血及び鎮静成分により、 それは、胃、腸及び肝臓の炎症用に推奨されています。
    *2015年、 欧州医薬品庁(EMA)はマスティハを生薬製剤の1つとして登録しています。
    歴史的考証: 2世紀 – Galen、ギリシア
  • 胃腸障害
    「マルメロ、ナツメヤシ、ナルド(カノコソウ)及び マスティハの湿布で不調な胃を治療した。」
    *2015年、 欧州医薬品庁(EMA)はマスティハを生薬製剤の1つとして登録しています。
    歴史的考証: 2世紀 – Aretaeus、カッパドキア
  • 美容
    「マスティハソープの処方: 2オンスの白色ソープ、マスティハを4分の1、 キダチヨモギの樹脂を8分の1、及びホウ砂を4分の1。」
    *今日、マスティハはその抗菌性及び抗炎症効果により、 化粧品産業で幅広く使用されています。
    歴史的考証: 16世紀、「Manual de Mugeres」– スペインの医療マニュアル
  • 健康保持
    「ヒオス製品は、それは咳止めと胃腸障害、 口臭解消からフェーシャルマスクまで、 マスティハの最善で最高の品質を生み出します。
    *Today this ancient belief is strongly supported by modern scientific research*今日、この古代の信仰は 現代的な科学的研究により強力に支持されいます。
    歴史的考証: 1世紀、ディオスコリデス – 薬理学の創始者
  • ベーカリー
    「マスティハは パンの風味付けにも使用されています。」
    * マスティハは依然としてギリシアの全ての地域で 催事のパン類、ブリオッシュ及びビスケットなどに使用されています
    歴史的考証: キプロスでの二十世紀の状況
  • コンフェクショナリー
    「最初のローカム(トルコのお菓子)の作成で発生。 材料: 砂糖シロップ、ピスタチオ及びマスティハ。」
    *マスティハは今日チョコレート、ハルバ(ギリシャのゴマ菓子)、 アイスクリームなどに幅広く使用されています。
    歴史的考証: 18世紀中ごろ、サルタン宮殿 – コンスタンティノープル
  • 調理法
    「サリクは肉入りのお粥で、 カルダモンとマスティハで風味付けしたものです。 それは依然として古典的なサウジアラビアの料理です。」
    *世界中のシェフたちが、マスティハスパイスが持つその松の木のような独特なアロマとエキゾチックな風味は ほとんど全ての食材と組み合わせることができると断言しています。
    歴史的考証: 6~21世紀 – サウジアラビア
  • ドレッシング
    「アラブの人たちにとって、マスティハは食品、 お菓子またはミルクに風味をつけるための 最高に贅沢なものとして認識されています。
    *シェフはマスティハをその繊細な味わいのためにサラダドレッシングに使用します。
    歴史的考証: 6~21世紀 – 中東
  • ドリンク
    「1959年以降、イランの法律では その現地の蒸留酒、アラックの主要材料として マスティハの使用が要求されるようになりました。」
    *有名なギリシャのドリンク、ウーゾ(アニス風味リキュール) またはラキ(穀物・果実の強い蒸留酒)はマスティハが1つの必須の材料です
    歴史的考証: 18世紀 – イラク
  • 飲料
    「マスティハを含む25種類の様々なスパイスを 白ワインでボイルし味付けした、 「グレース・オブ・ゴッド」 (様々なスパイスとワインベース風味のドリンク) と呼ばれる歓迎用ドリンクを含みます。」
    *オリエンタルな紅茶及びトルココーヒーは マスティハの忘れがたい味わいを情熱的に想起させるものです。
    歴史的考証: 14世紀後期 – スローン写本、英国
  • ワニス
    「ブーツ用のワニスの主要材料はマスティハ、 ホワイトポピーオイル、白色ワックス及び 擦り下ろした黒檀である。」
    *多数のイタリアの製造業者は、それぞれの楽器、 手工芸品及びワニスの主要材料の1つとしてマスティハを使用しています
    歴史的考証: 16世紀 – 写本「Der Schuster' (Περί παπουτσιών)」、D.G Schreber、ドイツ
  • 口腔衛生
    「マスティハの使用は歯肉の鍛錬に寄与する。」
    *Farellaと共著者(2001年)は咀嚼筋の痛み、 疲労及び圧力の緩和について継続的なガム咀嚼の効果を調査することに焦点を当てました
    歴史的考証: 18世紀 – Thomas Mc Gill – 英国
  • 口腔衛生
    「マスティハの咀嚼は歯を白くし、 口臭を改善する。」
    *2006年に、Sterer N.はヒオスマスティハは口臭及び歯周病を治療する上で 非毒性製剤として活用できる可能性があることを証明しました
    歴史的考証: 5世紀 – イスタンブール及びローマ